オーナー様はこちら

通常の仲介募集では・・・
通常の賃貸募集を行うにあたり、自社での広告媒体及びルートで入居者の斡旋を親します。
しかし、これでは募集の範囲が狭まりなかなか入居者が決まったりする確立が遅くなってしまいます。

通常の募集の場合

 


入居者の募集を依頼した仲介業者でのみ、賃借人を募集してしまう為に、他の不動産業者へ情報が回らず、物件が見つかりにくく入居率が下がってしまう。

 

日経アメニティージャパン㈱に依頼した場合



当社、日経アメニティージャパン㈱は、各不動産仲介業者へ入居者の募集斡旋を致します。
各仲介業者へ募集斡旋依頼をする事により、全国的に募集依頼を行う事ができ、物件を探しているお客様へたくさん検索されるようになります!

当社の賃貸管理システム内容は↓をクリック

 

 

 

高い入居率!広範囲な入居者斡旋!
日経アメニティージャパン㈱が家主さまの代わりとなり、各仲介業者へ募集の斡旋をかけます。
各不動産仲介業者との連携により、より広範囲に入居者斡旋ができ、入居率の効率化は図ります。

ナゼ?高い入居率を維持できるのか???
日経アメニティージャパン㈱では、賃貸専門の営業マンがおりません。
賃貸専門の営業マンを他社の仲介業者さんに委託する事で広範囲な入居斡旋ができる仕組となっております。
したがって、すべての仲介業者さんに営業マンがいる事と同じなわけです。
日経アメニティージャパン㈱では賃貸、売買、運営、管理をトータルでサポートできる不動産トータル営業がおります。不動産
の賃貸募集、管理、売買、運営や建物コーディネートをマネージメントできる専門スタッフにより、高い入居率、運営率を図り、そこでの成約として利益確保をしているのです。

家賃徴収業務を代行し、安定した家賃収入を守ります。
家賃管理業務は、毎月月末までに家賃を徴収し、翌月15日までにオーナーの皆様に家賃収支書を作成し、送金致します。
この家賃収支書はオーナーの皆様が税務申告時に添付書類としても使用できるよう税理士の指導を受けて完成されたものになっております。
これにより家賃清算時には、家賃滞納が問題となります。
適切な対応として、毎月きちんと賃料の入金状況をチェックし、支払の遅れが頻繁化したり、未払いの状態が長く続いたりしないように、電話、訪問、公的文章による督促を通知し、入居者に家賃支払いの意識付けを行っております。